Permalink
Permalink
Permalink imgfave:

Posted by Daily Rant
Permalink
Permalink
Permalink

微笑の鍵

gurokisinia:

わたしは無心になることをつとめた
無心になることは自分がかぎりなくひろがってゆくことだ
わたしは深く考へることをつとめた
深く考へることは自分が大地の底をあるいてゆくことだ
無心になることと、深く考へることがひとつの水の流れとなるときに
はじめてわたしは自然の微笑をつかむことができるのだ
わたしをしばっている縄はみどりの蔓草となって花を咲かせる
さうして、わたしのからだからは、まるで奇蹟のやうにちいさな花がちりこぼれる
私の魂は露にぬれた一本の苗木のようにたつている

Permalink pood1e:

ブロックメモとタコ糸でくすだまを作ってみました
紐は菊結びという結び方です
Permalink ileftmyheartintokyo:

Japanese Umbrellas by lestaylorphoto on Flickr.
Permalink
Permalink

「きみ」谷川俊太郎

mokobond2:

きみはぼくのとなりでねむっている
しゃつがめくれておへそがみえている
ねむってるのではなくてしんでるのだったら
どんなにうれしいだろう
きみはもうじぶんのことしかかんがえていないめで
じっとぼくをみつめることもないし
ぼくのきらいなあべといっしょに
かわへおよぎにいくこともないのだ
きみがそばへくるときみのにおいがして
ぼくはむねがどきどきしてくる
ゆうべゆめのなかでぼくときみは
ふたりっきりでせんそうにいった
おかあさんのこともおとうさんのことも
がっこうのこともわすれていた
ふたりとももうしぬのだとおもった
しんだきみといつまでもいきようとおもった
きみとともだちになんかなりたくない